アクエリアンエイジオルタナティブとは?

アクエリアンエイジは、1999年に発売されたTCG(トレーディングカードゲーム)です。

純国産TCGとしては最も歴史があり、アクティブなプレイヤー数は10万人を数え、 カード発行枚数も2005年1月に1億枚を突破するなど高い人気を誇っています。

アクエリアンエイジ オルタナティブは、アクエリアンエイジの世界での闘いを、全く新しいゲームシステムで表現したアーケードゲームです。

特徴

・フィールドを駆け巡る、攻防一体のリアルタイムバトル
キャラクターカードを置いてブレイク!
カードを裏返して発動するスキル(特殊効果)のぶつかり合いは、カードゲームの興奮そのものです。

 

・カードゲームの興奮が体感できる、新感覚筐体
正面にと手元の2画面表示を採用しました。
カードを置いて操作する、手元のプレイスクリーンにも映像が投影され、直感的なゲームプレイを約束します。

 

・多彩で魅力的なカード
有名イラストレーターによって描かれた、 かわいくて個性的なキャラクターたち。
そのキャラクターが持つ多種多様なスキルがゲームの興奮を盛り上げます。

 

・NESYS ~全国のプレイヤーとリアルタイム対戦
NESYS(タイトーネットエントリーシステム)が全国の「アクエリアンエイジ オルタナティブ」を接続。 ゲームのリアルタイムオンライン対戦を実現しました。
さらにNESYSカードにデータを保存することで、プレイ成績の保存や、ランキングの参加、新要素の追加など、より幅広い遊びを提供します。

 

・専用NESYSカードに情報を記録
パック内のNESYSカードはプレイヤーの情報を記憶するための「アクエリアンエイジ オルタナティブ」専用のNESYS対応カードです。

カードは使用可能回数が設定されています。
使用可能回数の切れたカードは、別の未使用カードにデータを引継ぐことが出来ます。

ネットワークサービス終了

2011年2月28日をもって、ネットワークサービスが終了しました。

サービス終了後のゲームモードについては、

店内対戦やチュートリアルプレイ、シングルプレイはプレイ可能となっています。

しかし全国対戦・アクエリアンテイルフレンド対戦については、選択できなくなります。また、カードを使ったデータの記録が行えなくなります。

 

アクエリアンエイジにはまっていた私としては、ネットワークサービスが終了してしまった事がとても残念です。

新たなアクエリアンエイジができる日を期待して待ちます!

 

 

アクエリアンエイジの世界

永きにわたる人類の歴史。
その裏で密かに地球の覇権を争ってきた、3つの勢力がある。

東方の霊力を持つ者たちの連盟、阿羅耶識(あらやしき)。
西洋の魔術師たちの秘密結社、WIZ-DOM(ウィズダム)。

古の異種族の血を引く者たちの軍団、Darklore(ダークロア)。

西洋の占星術にいう、大いなる変革の時代、「Aquarian Age」に至るまで、三つ巴の争いに決着が付くことはなかった。
そして現代。人類の中に超能力を持つ世代が現れ始めた。

新人類を自称するその者たちは、旧来の勢力に属することなく、自らEvolutional Generation Organization-E.G.O.(エゴ)という新勢力を組織し、三勢力の争いに加わった。

アクエリアンエイジの世界そんな4勢力の争いに一大転機を引き起こしたのが、謎の宇宙人イレイザーの襲来だった。
地球全域に苛烈極まる攻撃をかけるイレイザーに対し、地球の4勢力は初めて一致団結。

かろうじてイレイザーを撤退させることに成功した。
だが、戦いの疲れを癒す間もなく、地球に新たな敵が襲いかかる。

その名も極星帝国(きょくせいていこく)。
異次元にある「もうひとつの地球」から、次元を超えてやってきた侵略者だ。
4勢力は再び協力して、極星帝国に立ち向かう。

しかし強力極まる極星帝国の軍勢を地球から撤退させることはできなかった。

そればかりか、一度は撤退したはずのイレイザーが、今度はさらに強力な艦隊とともに地球に進軍しつつあった…。
戦いの鍵はマインドブレイカー。

イレイザーの襲来を目前とした時期、世界中に現れた彼らは、他者を操り、また眠れる素質を覚醒させる能力を持っていた。

特定の勢力に所属せず、単独で闇の戦いに介入し始めた彼らは、その能力を持って各勢力から仲間を集め、独自の目的のために活動しはじめたのだ。

地球、そして銀河の未来を決するハルマゲドンともいうべき混沌の時代
Aquarian Ageは、なおも混迷の色を深めていく…。

一番脱毛したいのは、手と目が行き届かない背中

私が脱毛したいところは、脇の下・腕・お腹・太もも・脛・背中など色々あります。しかし、金銭的に考えるととても全部は脱毛出来ないので、その中でも一番脱毛したいところを考えると背中かなと思います。

脇の下は昔からそこまで毛の量が多くなく、わざわざお金を払って脱毛しなくても今まで通り自分で定期的にカミソリ等で処理をしたり、毛抜きで抜くくらいで充分かと思っています。

脇の下と違って、腕・お腹・太もも・脛・背中には結構な量の毛が生えており、昔から自分で毛深いと思っていましたので、お金があるのであれば全ての箇所を脱毛してスッキリしたいです。

しかし現実的に考えてあまり余裕がないので、もし1部分だけ脱毛するとしたら背中を選びます。

理由は自分で処理をするのが一番難しい場所だからです。

他の部分は自分で見える場所なので、剃り残しがないかどうかチェックすることが出来ますが、背中だけは手が届きにくいから剃りにくいですし自分の目では隅々まで確認出来ません。

背中は夏でも水着を着ない限りあまり露出度は高くありませんが、首から背中にかけては夏でも冬でも結構見えるものです。

通りすがりの女性を見ていて、襟足から背中にかけて毛が生えている人を見ると正直顔が可愛くても少し残念な感じがしてしまいます。

自分も他人から残念な人だと思われているかもしれないと思うとあまり背中が見えないようにと気を遣います。

襟足から背中にかけてキレイな人が見るとと女性らしい気がしますし、見えたこちらも気持ちがいいです。

20代半ばまでは自分の背中がそこまで毛深いことを知らずに、水着なども背中の毛を処理することなく平気で着ておりましたが、結婚式の数日前にブライダルシェービングをしてもらって剃れた背中の毛を見たときに、自分は今までこんなにたくさんの毛を生やしながらビキニなどの背中がパックリ見える水着を着ていたとかと思うと、恥ずかしくてたまらなかったです。

今はもう子どもが生まれ落ち着いているのでビキニを着る機会もありませんが、やはり襟足のきれいな人に憧れているので背中を脱毛したいです。

私が住んでる佐賀市は田舎なので脱毛サロンが少ないですが、このサイト(脱毛佐賀市)に載ってる脱毛サロンに今度行ってみようと思います。

「ヒゲ」→「腕」→「足」の順番で永久脱毛

私が一番に優先して永久脱毛をしたい部分は、口・顎・頬の周辺に生える「ヒゲ」です。職業柄、ヒゲを伸ばすことがタブーであるということと、個人的に似合わないということが大きな理由です。

私は肌が敏感なため、カミソリや電機シェーバー等で処理を行うと肌がカミソリ負けをしてしまい、髭は綺麗に処理ができるのですが、今度は肌が荒れてしまうのです。なので現在は手間のかかるピンセットにて一本ずつ抜いて処理をしています。

ご想像の通り、処理には時間がかかりすぎます。この手間の時間も永久脱毛をしたい理由に入ります。どうせ処理しなければならないのであれば、生えてこないでもらいたい。私にとってヒゲとはその程度の認識なのです。

処理は単純作業ですので大変ではありませんが、2~3日に一度、30分ほどかけて行わなければならないので、なかなか面倒です。また、歳をとるごとにヒゲの生えてくる範囲も広がってきているのも問題の一つです。

顔の印象から人のイメージというものは形成される部分があります、清潔で若い印象を保つためにも永久脱毛は必要なことだと考えています。

次に、腕や足の毛です。冬場になると衣服で隠れるのですが、露出の多い夏場には長袖を着ない限りは出てしまうので気にしています。

足はズボンで隠れるのですが、腕はそうはいきません。仕方なしに暑さを我慢し、周囲にはあいまいにはぐらかしながらクールビズに逆らっています。

気にしすぎな部分もあるのかもしれませんが、他人に見られることに抵抗があるので今まで隠してきましたが、「ヒゲ」→「腕」→「足」の順番で永久脱毛を真剣に考えています。

ちょっと費用はかかるかもしれませんが、コレからムダ毛処理を一生すると考えたら、永久脱毛しておいた方がいいですからね。

近所にも脱毛クリニック(レーザー脱毛那覇)がある事だし。

海やプールといったレジャーへも、堂々と楽しめるようになりたいものです。